山登り

芳賀郡益子町
雨巻山
あままきやま:583.3m




                  



2018,11,21 訪問


(あまり参考になりません)
              
 少し歩こう、近い所、遅く出掛けても良い所、あまり根詰めないで飽きたら簡単に戻れる所.

 ま、古賀志山界隈か雨巻山だろう.古賀志山は11月には2度行ってるから、此処は雨巻かな.

 朝飯食べて、洗濯して、掃除は・・今日は省略.
 
 9:25頃出発. 途中コンビニに寄って

 コッペパンと水を買う.コッペパンと思ったパンは、フランスパン風にクリームを挟んだ物だった.

 大川戸の駐車場には10:15過ぎ着.

 平日の晴れだから少しは車も多い.

 軽く支度して、出掛けましょう. 右回り(足尾山〜)、左回り(三登谷山〜) どちらから回るか思案

 足尾山の方から行くとしますか.何となくだけど・・・ 沢コースへ.

 T字分岐で「地蔵院」が目に留まった. あ!

 そこへは一度も行ってないなあ. 
 


大川戸駐車場 10:35


まず足尾山ルートを
 思いつきでT字路分岐を左に曲がり、これまでと同じ様な道を行く.パイプから僅かに出てる水は飲料可なのか? 紅葉はまだの様で色付いている木は少しだけ.沢があり、右の樹林帯に入って行く道があった.もしかしたらこの道は、足尾山から南に延びる県境稜線に出るのかも知れない.帰りに辿ってみよう.

 橋を渡り下り加減の道路は、この沢にしては不釣り合いの様な、大きい堰堤の脇を通る.その下流の溜まりは池になり、公園風の整備がされていた.桜の木も多く植えられていて、春はさぞや気分の良い所だろう.ポカポカ暖かい時期に又来てみましょう. あ、今日は小春日和.

 トイレのある駐車場があり、軽自動車が2台駐まっていたが人は誰もいなかった.舗装路を民家の方に進むと、右に地蔵院の石柱があり、奥に大きな建物が見えた.


沢コースのT字分岐を左に


紅葉も少しはあるけど取り立てて、と言う程でもない


堰堤


堰堤下 下流は園地







左はグランドゴルフ場


堂ヶ入沢親水公園というらしいです


民家の方に進みます


入り口に着きました.足尾山(右のピーク)が遠くに見えました 11:20
 大きな建物は本堂で、手前左手に観音堂という建物があった.(お墓が写ってしまったので、画像掲載は割愛).本堂もあまり派手な造りではなく、それがかえって落ち着きをみせている(と、私だけの感想).ただ、本堂の説明板には格天井があったり、花鳥、飛龍、鳳凰などといった彩色画があるそうで、それなりに見事なものかも知れない.室町時代に建立された国指定重要文化財だそうである.

 私は名所旧跡など、撮るのは好きだけど由緒な事や講釈が苦手.一度聞いてもすぐに忘れてしまう.まあ、普段から過去には拘らない人間だから(←関係あるのか オイ)

 左の山へ緩く登る道を、空身でトレラン姿の単独女性が駆け上がっていった.そっちの道はどこに通じているのでしょう.辺りを見回したけど、全体案内図の様なものをみつける事は出来なかった.日本語の看板の脇には英語で描かれた説明板に簡単な案内図らしきものが鳥居の脇にあった.それの絵図では、大倉神社とかへの参道の様だ.




紅葉と・・・



英語の案内板


いろいろイベントがあるようです


由緒ある石碑らしい


本堂は入母屋造り


お地蔵さんが3体


「六地蔵」とか「六道能化」とか書いてあるけど・・・?





 こんな時期でも道端の日なたには花等咲いている.ツツジも数輪咲いている.ツツジの秋咲きは定番の様になっているけど枯れた葉&蜘蛛の巣と一緒なので、見た目は良くない.

 改めて柿の木を見てみると結構な数の実が残っている.渋柿なんでしょうか? 私は秋田出身なんだけど、甘柿とか見た事がない(食べたのは就職して関東(千葉)に来てからだ)食べるのは渋を取った柿か、完全に熟して柔らかくなったもの位.

 さて、何処へ出るのか往路で見た道へ入って行く.テープが多くある樹林内の道を緩く登って行く.中々高度を上げてくれないが、小沢を数回渡り若干整備された様な道が斜面に着いていて、やがて、尾根乗濃しに着いた.尾根上はやや十字路.“やや”としたのは稜線にはハッキリした道が見受けられるけど、茨城県側に下る道は薄い踏み跡で落ち葉の下に消えている



地蔵院の道から入って来て、振り向き 11:55


踏み跡は判り易い


テープも多い


やっと斜面の登り



稜線に出ました.十字路で南方向を見る. 12:15




足尾山だと思ったんだけど、違った

 地図もGPSも持って来ていないし、見通しも利かないから、どの辺りに出たのかよく判らない.ま、その内展望のある所に出られれば、判ってくるでしょ. ・・・殆ど展望はなかった.樹間から見える景色も遠くは霞んでてダメ.近くは、今歩いている稜線より低い眺めばかり.ピークらしき所を2つ位(3っつだったかな?)越えたら、前方樹間にやや台形の形のピークが見えた.お!足尾山かな?

 違った.(帰って調べたら370m級のピークだったかも知れない) お腹空いたけど、足尾山のベンチで食べようと思い、我慢して歩いて行くと、初めて標識らしいものが出てきた.文字が擦れて判読不明.続いてすぐに同じ様な大きさの表示板.しっかり “足尾山→” と判る.何処へ行くか判っていても、地図を持ってない身では標識が出て来ると、やはり 一安心だ.

 それにしても、随分歩かれてる様な気がするけど、雨巻山周辺の標識などの多さに比べ、こちらは何と少ないことか.(それなりにテープは多く付けられている)



稜線の様子



足尾山登山道に合流


足尾山 12:35
 足尾山に着いたのは13:00頃.誰もいない所でお弁当を食べましょう.え!コンビニの(フランスパン風)コッペパン1個で足りるかって? いくらとしょりでも足りませんよ〜

 家からお昼用に持って来たのはお弁当ジャー.おかずはタクアン二きれに夕べの残りのおかず.ジャーのご飯は、、、まずご飯を敷いて納豆をその上に.更にご飯をもって海苔を敷く.コツは少し醤油を多めにつける.って、こんなの誰も持ってこないよなあ(大笑) でも、これが美味しいんですよ.味噌汁も温かいから家で食べるより美味しい. 幸せジャ〜(寒ッ)

 雨巻山からの下山は、殆ど通った事がない“メインコース”でも下りてみる事にした.山頂から三登谷山への縦走コースを歩き、最初に出てきた分岐を右折する.此処がメインコースだと思っていたからだけど.それなりに歩き易い道を下降し、沢コースとの分岐に着いたら標識を見たら、あれま 尾根コースでしたよ.

 そこから大川戸の方へ少し歩くとメインコースの分岐がありました.相変わらずドジですね〜.メインコースはこの次にいたしましょう.ガイドもしっかり見ましょう.



途中の画像省略で御嶽山 13:10


更に・・雨巻山 14:15


メインコースだと思って右折し下降


それなりに、歩き易い


仮設足場の階段を利用したものですね


下降終わり、、あれま 尾根コースでした


少し大川戸方向に歩いたら・・・ いつも歩いて見てるんだけど


帰着〜 15:00



地蔵院本堂 綺麗な屋根ですね、銅板葺きだそうです.

 Photo Nikon P7800 二代目 

HOME  /  閉じる  /  雨巻山リスト

当レポは
写真撮影だったり適当に歩いたりで、時間やルートは参考になりません.
仮に当レポを見て行かれる場合は予め情報を収集していただき、計画を
充分に立ててから実行して下さい.