◇山登り◇

益子町
雨巻山、三登谷山
あままきやま:533m
みつとやさん:433m


                  



2014年 7月 1 日 訪問


(時間やルートは参考にしない事)
              
 今日は富士山の山開きだという.世界遺産とかになって、益々登る観光客が多くなるのだろう.興味が無い訳ではないが、雑踏が苦手な私には多分登る機会はないに違いない.富士山は遠くから見る山で充分だ.そこで今日は曇りだが富士山を遠くから見るお祝い登山をしてみよう.と、出かけたのが迷った時の”雨巻山”.え、雨巻山から富士山が見えるかって? それも、こんな曇り空で遠くは霞んでるっていうか、殆ど見えないのに・・・ うん、爺もそう思うけど・・・ ま、レポを作ってみましょう. 顰蹙は笑ってこらえて(笑)


広い駐車場 平日はさすがに少ない 10:20


昨日から夜の大雨で沢水はかなり多い


取り敢えずドクダミの花


アケビの実 今年は豊作かな


野イチゴだと思うけど正式な名前は? 甘酸っぱい


葉っぱを見るとツバメオモトに似ているが・・



 雨巻山はファミリーハイキングで賑わう山で、コースは多彩である.今日は、せっかくだからその中でまだ登っていないコースを歩いてみよう.駐車場から以前、鉱泉があった林道を歩き終点近くから沢コースに入って行く.昨日から今朝方の大雨はこちらにも降らせた様で沢の水はことの他多い.沢コースに入ってすぐに、4−5m程だが中々立派な滝があった.左(右岸)に巻き道があるので簡単に上に行く事が出来た.おお、この山にこんな立派な滝があったなんて・・・


わかラン、、


小滝も勢いが良い


コース分岐 沢コースを選ぶ 11:05


沢の脇を登って行くと・・・


中々立派な滝がありましたよ


すぐ又、滝が・・・


靴を濡らさない様、滑滝を横断


これ、聞いてないよ〜 って、滝登りかい!


トレッキングシューズ(布)では厳しーッ



 そこから沢を横断したり、沢の中を歩いたりで滑るのに注意し、布製のトレッキングシューズを濡らさない様歩くのが大変だった.この山で、こんなに苦労するのは初めてだ.クサリが設置されている所を過ぎると、斜面から水が湧いて流れ出て沢はいきなり終わっている.足尾山側の方も沢を登る所があるが、そちらでも難儀するのかな、、、などと思いながらトラバースする様に斜面を緩く登って御岳山からくる遊歩道に合流.沢コースという古い標識板が木の根元にあった.そこから僅かで雨巻山山頂に着いた.

 山頂には単独年配のハイカーが一人だけ.軽く挨拶.丁度お昼時なのでサンドイッチの昼食.女性二人のハイカーが登って来たのと入れ替わりに出発.三登谷山へ.その山頂は誰もおらず、ゆっくりと
”富士山”を遠望


おっ 洞穴が  ・・・他にもありました


クサリがちょっと右寄り過ぎで・・・


水が湧き出ている所で沢終了 11:40


飲んでみたら冷たくて美味しい


普通の登山道になる


沢コース終了


山頂 11:55


三登谷山分岐から望む筑波山


名前は判りません


三登谷山から望む 芳賀富士 ね!
 三登谷山 12:55    駐車場 13:45

HOME  /  閉じる

当レポは
写真撮影だったり適当に歩いたりで、時間やルートは参考になりません.
仮に当レポを見て行かれる場合は予め情報を収集していただき、計画を
充分に立ててから実行して下さい.