◇山登り◇
鹿沼市古峰ヶ原三枚石
こぶがはら 1,378m
                    



2008年6月10日 訪問

単独 (リハビリ登山)

                           
 良い天気となると足がムズムズしてどうにも落ち着かない.頭の中で仕事のスケジュールを考えたりして(山に)行くかどうか、検討してみた・・・・が、結局行く事にした(検討ってなんだオイ).先日行った横根山と稜線続きの古峰ヶ原高原(三枚石)は、ハイキングコースとして登山道もきっちり整備されているらしいし、厳しい所もないらしい.洗濯をササッと済ませ、パパッと家を飛び出した.


 大芦川沿いに車を走らせ、橋を渡り一の鳥居をくぐってしばらく行くと、古峯(ふるみね)神社に着く.駐車場には入らずそのまま林道を登って通行止めのゲート迄行く.手前に、広い空き地があり、此処に車を駐めて簡単に支度をして旧林道をゆっくり登っていく.実際の登山道はこの空き地の手前、右カーブになる辺りの左にあるのだが途中で旧林道と繋がっているのは判っていた.

■写真左
かなり広い駐車地.向こうのカーブ辺りに登山口がある


■写真右
旧林道
■写真左
遊歩道が合流してくる辺り


■写真右
へつり地蔵と説明板
 ***  緩い登りの旧林道を少し歩くと、左に沢音が聞こえ、登山道が近づいてくる.へつり地蔵跡を右に見て遊歩道は林道横断を繰り返しながら、上へと続く.ハルゼミが森の中で大合唱だ.それを聞きながら森の中の遊歩道をただ淡々と登っていった.
■写真左
清流の沢


■写真右
古峰ヶ原峠
 しばらく登って行くと、樹林越しであるが右のすぐ下に舗装された立派な林道が見えた.車が通るかどうか少し見ていたが、通らなかった.途中、「関東ふれあいの道」の石で出来た標識を通り過ぎ、笹の道を登って行くと明るく開けた場所に出た.四阿や多数の案内板、標識が多く設けられ広い気持ちの良い場所である.
 乗用車が一台駐まっていた.あそこを通過してきたのかな? などと思いながら周辺の景色をデジカメで撮ったりしていたら、軽の4駆が登ってきた.いろいろ話し、その人は「今は工事をやっていないから、あそこは通過してきても大丈夫なんだ」と、言っていた.
 そのあと、少し話をしてから「三枚石」の標識がある道を登って行く.道はゆったりしていて、土が良く踏まれていて歩き易い.まもなく木の階段があり、鳥居があった.所々ツツジがまだ花を残し、緑一色の中に色を一味添えている.二つ目の鳥居を過ぎる頃、それ程急でなかった登山道も尾根に着き緩やかになった.間もなく「天狗の庭」と書かれた標柱があった.いろいろ、名称を思いつくものだと感心したりする.

■写真左
案内板、後ろはあずまや


■写真右
峠のあずまやから南方面
三枚石へ続く尾根が見える
■写真左
第1の鳥居


■写真右
第2の鳥居
■写真左
天狗の庭


■写真右
白い花びらの絨毯
 尾根にはズミ(だと思う)やツツジの低木が多く、ズミには白い花が咲いていた.道を見ると白い花びらが落ちて敷き詰められている.この辺り一帯、ワーーーンンンという羽音が凄い.花に群れる蜂が飛ぶ音なんだろうか.そんな、こんなを気にしながら歩いていたら、1,377mの三角点をみつけるのを忘れてしまった.ま、帰りに探せばいいか.同じ道を戻るんだし(←結局帰りも忘れた間抜け(ToT; )
 低木が覆い被さるほぼ平坦な道を歩いていくと、明るく開け三体の銅像が迎えてくれる.三枚石の広場に着いたのだ.割とあっけなかったが、なにはともあれホッとした.そこには男女の先客が5名程いて、くつろいでいた.軽く挨拶を交わして、そこら辺をデジカメで撮りまくった.
■写真左
手前から「弘法大師」
真ん中が「大白竜神」
向こうが「辯天竜神」


■写真右
三枚石とお堂
手前の(杖を置いた)ブリキ板は
何?
■写真左
サラサドウダン


■写真右
種々の建立物
 三枚石は、成る程三枚の石が積み重なっている奇岩だ.付近には信仰の為の石碑やら像やらが建立されていて、にぎやかである.周囲にはレンゲツツジやサラサドウダンが咲いていて、特にドウダンは見頃で、レンゲツツジはこれからというところ.先程のグループが帰ってしまったので、此処は静かになった.岩に腰掛け、ゆっくりとおやつタイムとしたが、美味しかった.
 (2011/09/17再編集)