◇滝見◇

日光市(今市)

今市ダム周辺の滝4


                    



2010年4月4日 訪問


(時間は参考にしない事)
                           

 ← 前回の滝見遡行での帰路、尾根から見えた滝

 水量は少ないが、遠目に見ても高落差の滝の様である.又、遠望からでも地形図でみても険しさが際だつ.が、遡れるかどうか行ってみなきゃ判らない.で、先日の疲れも残っていたが出掛けてしまった(笑)


 今日は綺麗に晴れていて(旧今市)大谷川の橋を通る時は、女峰、男体の日光連山がくっきりと良く見えた.山にはまだまだ雪を抱き、春はもう少し先の様である.今日は、いつもより2時間程早く出た.今回の滝下で行き詰まってしまったら、行き先を変更しようと思っているからである.


 さいわい橋から沢にはすぐ下りず、右岸の針葉樹林内をしばらく通り、沢が大きく左に曲がる所で沢に下りた.すると、前方の岩の上に標柱が見える.「ハタ沢川上流端」と彫られているが、この沢はハタ沢というのだろうか?

■写真左
支沢出合
8:50

■写真右
チムニー状滝
■写真左
下の高落差の滝
9:20


■写真右
同上の下段
 前回(最初に来た)この支沢は雪が積もっていた4mチムニー滝で追い返されていた.今回は雪もなくこの滝に僅かだが水が流れている.下の三角の頂点に登れればチムニーは登れそうだったが、爺にはちょっと無理.左岸の泥付き斜面を巻く.5−60m程ゴーロ岩の涸れ沢を遡って大岩を左に曲がると、かなりな高さの滝があった.数段になってるとはいえ6−70mあるかも知れない.水も流れている.滝前は狭く、爺のコンデジでは一度に全体を捉える事は出来ない.勿論、NikonF3でも無理である.
 適当に撮影し、全体を見ようと対岸の小尾根に登るが、木が邪魔して見る事が出来ない.惜しいと思いながら(遠望で見た)この上にある滝へ行く事にした.小尾根は、厳しい急斜面で木が無ければ(爺では)とても登れない.途中テラスもどきで一休みし振り返ると、(ハタ沢?)右岸尾根790mピークが青空に浮かんでいた.

■写真左
高巻きで登る斜面の様子
かなり急



■写真右
見えるピークは790m
■写真左
笹斜面


■写真右
高落差、上の滝
滝下から見上げる

10:30
 尚も、滝方向にトラバース出来るか伺いながら、小尾根の急斜面を登り850mを越えた辺りでトラバースできそうな場所をみつけた.岩と灌木の密生する(やはり急な)小尾根を回ると、雪解け後の笹斜面(膝程の笹が倒れてじゅうたんの様)に出て下降していく.3m程の高さをザイルを使い滝下に下りると、残雪の上に落ち葉が積もっていて、飛沫が小枝を凍らせていた.
 滝下は狭く上の方が見えない.少し下流に移動し振り返ると、(大きく分け)3段で40m以上の高さはあるようだった.水は少ないから迫力はないが、高さで圧倒する.落ち口を見ると、先日そこに立った時見た形とよく似ているので、「高落差の滝」に間違いないだろう.右の斜面にはハングした壁もある.あのハングした壁の上を通過して、此処へ下りたとしてもこの沢の下流には更に高い落差の滝が控えていたのだから、あの時下りてこなくて良かったと改めて思った.

 滝下から僅かに下った所は、下流の高落差の滝の落ち口があった.この先は危険だからと通せんぼしている様に枯れた大木が沢を塞いでいる.右斜面のなるべく太い木に掴まって下を覗いてみたが、落ち口から僅か下しか見えない.下の地面が見えないので、足元が不安.ゾクゾクしてくるので、早々に引き上げた.
 上の滝を撮影し、下りてきた斜面を登り返し更に登って先日の踏み後に出た.後は、先日と同じルートでダムに帰り着く.今回は早く着いてしまったので、栗山ダム近辺の「幻の夫婦滝」を訪ねる事にする.

■写真左
下の滝の落ち口


■写真右
踏み後に架かる何かの標識プレート
文字は消えて読めないかった
11:30